2/15/02

じつは今日、なすれいがAirspeedと飛ぶことになったのだ。

最初なすれいがAirspedの大ファンというので
「水着になったら一緒に飛んでくれるよ」
「ぬれTシャツも可だよ」
「今度頼んでやるよ」などと無責任な冗談を言っていたのだが、
なすれいがどんどんその気になっちゃって、
そうこうしているうちに本当に実現してしまったのだ。

スクールのマットが彼らと仲がいいので、頼んでくれたのだが、
最初は大会中だという事もあるし、あまり期待はしていなかったので
OKしてくれたと聞いてびっくり。しかも一人と飛ぶのではなく、
4人がみんな一緒に飛んでくれるというから二度びっくり。
そこで通訳兼カメラマンとして僕もついていくことになったのだ。
彼女は飛ぶ前から大はしゃぎ。
いい男がそろっているという事もあって、化粧にも余念がない。


Airspeedをしたがえてダート中の女王様。
かなり緊張しているようで、はたしてマニューバーを覚えられるのだろうか。
表情を見るとあまりわかっていないような・・・・。
よくみるとAirspeed専属のカメラマンもいるではないか。
どうやら撮ってくれるらしい。
なんて豪華なジャンプなんだ。
そりゃあ、緊張するわな。


Airspeedで紅一点の女性が、すでに最高度に達しているなすれいの緊張を
ほぐそうといろいろ気を遣ってくれている。
「笑顔が大切よ」などなど。けっこうやさしいのね。


専属カメラマンはリヤステップから、ぼくは中からダイブアウト。
さすがなすれい。なかなかいい絵を撮らせてくれた。


専属カメラマンが撮った映像。
なすれいがこんななってもびくともしないのは、さすがAirspeed。


しっかり腕を握られているなすれい。
はなしたらバックスライドしちゃうからね。
なすれいはウェイトをつけていないので、みんなかなり浮かしていた。

どんどんポイントをとっていく、というかとられていくなすれい。
13ポイントぐらい取っただろうか。かなり高度な技をポンポン決めているので
見ていて楽しい。
これだけやってもらえれば、なすれいも本望だろう。
終わった後はディブリーフつきといたれりつくせり。
なすれいは人生で一番嬉しかったと言っていたので、Airspeedもやったかいがあったと
いうものだろう。

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO