4/16/00(日)
ジャンプはじめてから約1年半、ついに1000本達成の日が来た!
アメリカに最初に来たときはまだ86本しか飛んだことなかったので、
1000本というと途方もない数字に思えて、1000本達成できたら
いいなあーと漠然と考えていた。
だから数こなせばいいというスポーツじゃないけど、
実際にそこまでになると遠くまで来たんだなあーと感慨深いものがある。
コーチはほとんど受けていないのでこのうちのかなりの部分は自己流で無駄な
ジャンプだったんじゃないかと思うけど、苦労した分、将来人に教えるときがきたら
その経験が生かせるかもしれないのでそれはそれでいいと思っている。

さてこの1000記念のジャンプはフライボーイズのEli、Fritzが一緒に飛んで
くれることになっている。
昼頃彼らに声をかけたらオーガナイズしてやるから何がしたいかと聞かれた。
やっぱりBigwayでしょ。それもヘッドダウンで。
そう伝えたら、うまいやつだけを選んでサンセットで飛ぼうということになった。
サンセットまで5時間以上あるけどいま999本なのでサンセットまで
ジャンプせずに我慢することにする。

いよいよサンセットが近づいてきた。
メンバーはフライボーイズのEliとFritz,ストラクチャーファイヤーのJimmy
(フライボーイズと同様にこちらもペリスでフリーフライのコーチをしていて
フリーフライのビデオにも多数出演),
あとはJeff(ミレニアムU等のビデオによく顔出している)、
J.C(Swooping大会でよく優勝している人)、
Dan(マニフェストの人でこの人もやはりうまい)
デンマークから来たケリー(デンマークのフリースタイルで2位取ったらしい)と
Thomas、Ken、シアトルから来た人(名前忘れた)の以上11名(僕入れて)。
超豪華メンバーでぞくぞくする。

記念ジャンプに参加してれた面々。手前がFlyboyzのFritz。


JC。人差し指を立てた後、ゼロが3つで1000本と言っている。



ペリスではよくBigwayはあるけど技術の差がバラバラの場合が多いので
安全のためにSitflyをやることが多い。
だからヘッドダウンでのBigwayはひさしぶりで、なおかつうまい人たちだけでやることは
ほとんどないので、みんなもこれは最高のジャンプになるぞーって言って喜んでいた。
僕含めた4人がベースになってそのまわりを残りが飛ぶということになる。

いざExit!




ベースはFritz,Dan,Jimmy,そして僕。

さすがうまいひとたちばかりだ。ベースがどっしりとして全然動かない。
ベースのみんなの顔を見ると、みんな手がふさがっているので顔で表現をしている。
そのまわりを残りの人たちがぴったりとついてきている。
後ろを振り返るとJ.Cと目が合い、にこにこしている。
サンセットの方を見ると空が赤く染まっていてすごくきれいだ。
Jeffがスチルカメラを取る都合でブレイクまでずっとベースはラウンド
(お互いの腕をつかんで円状になる)の状態を崩すことはなかった。
僕としてはみんなが手を離した状態で全員が近くにいる姿を撮ってほしかったので
ちょっと残念。
でもカメラ目線だけははずさなかったからいいか。



そうこうして40秒という短いけど非常に思い出に残るジャンプが終了。
ジャンプする前にさんざんEliとかFritzに池に落とすぞーとおどかされていたので
びくびくしてたけど無事何事もなく終わった。
さすがに三週連続でスーツを汚したくなかったからね。
ジャンプ終了後にはDZのバーでみんなにビールをおごってあげた。
こういうことがあるとなかなかジャンプやめられないよね。


ランディング直後のDan。「1000本おめでとう!」と言ってくれている。
なお、今回の映像はFlyboyzのEliが撮ってくれたもの。

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO