4/2/00(金)
今日は風もなく快晴。
ここ数日はあまり飛べなかったので今日は思いきり飛べそう。
誰か一緒に飛んでくれそうな人を探していたらMitchが来た。
あの『戦う不動産屋」である。
2wayをやることになり、フラワーでExit後、ドック、トランジションして、
MItchがシットしているところへヘッドダウンで近づき、
そこからぼくが180度体を前に回転させてシットになり、
彼も同じように体を前に180度回転させてヘッドダウンに
なるという、いわゆる「イーグル」をやることになった。
イーグルはいままで3〜4回しかやったことない。
ある程度うまい人とやらないとイーグルをしている間に
お互いの体がどんどん離れていってしまうからだ。
ぼくもいままではごく近くでやったことないのでひさしぶりのイーグルに気合を入れる。
Exit後、すぐにドックして(といっても手を合わせるだけだが)、
お互いトランジションしたあと、Mitchがシットになる。
ぼくがヘッドダウンで近づいていき、彼の足の指をなめられるぐらいに
近づいたところでイーグルを開始。
すると以外にもぴったりくっついた状態でイーグルが何回転も出来る。
「おおーっ!フライボーイズみたい!」
そのうちMitchがぼくの足首を両手でつかんだので
ぼくも負けじと同じ事をする。
いわゆるチューブの状態になり、またさらにぐるぐる回転する。
目が回りそうになりかけたところでブレイク。
おおーっ、すげーたのしかった!と思いながらプルしたら、
「ドッカーン!!」
ものすごいオープンショック。
あまりの痛さにしばらくトグルもほどけずしばらく放心状態。
ショックで舌もちょっと噛んで切ってしまった。
どうやらうかれすぎてオープン前にフォールレートを落としきれてなかったみたいだ。
ウウッ、ウッとうなりながらランディングエリアの上空まで来る。
するとウィンドソックスが下に垂れていて無風状態。
それに他のキャノピーも周りにいない。
おおーっ!絶好のポンドスウーピングができる!
最近強風でできなかったけどひさしぶりにできる!
体の痛さも忘れてフックターンで池を目指して急降下。
今日は思いっきり加速してぎりぎりまでライザーを戻すのを遅らせよう。(思考時間0.5秒)
だんだん近づいてきた。もうちょっと我慢できるな。(0.2秒)
よし!いまだ!ライザーを戻せ!(0.1秒)
あれ?!ひょっとしてちょっと遅すぎたかな?(0.03秒)
あっ!やべっ!あ、足がつく!(0.01秒)
バッシャンーン!
やっちまったあぁぁぁぁぁーーー!(0.001秒)
ゴボゴボッ!(あたまが水の中には入る音)
カメラがー!(0.001秒)
そうだ!サイプラスもあったー!(0.001秒)
あっ!アルチもあったー!(0.001秒)
池から上がると全身泥だらけ。
キャノピーが半分池の中に入ってなかなか引き上げられない。
穴があったら入りたいという言葉を使うにはこれだけ適切な時はないだろう。

キャノピーはプールサイドのフェンスにかけて乾かすことにする。
ジャンプスーツはDZにある洗濯機に。ついでにパンツも。
ジーパンの下はノーパンだけどまあしかたがない。
カメラは電源が入らない。たぶんヒューズが飛んだんだろう。
サイプラスは赤い点滅はするけど数字が全く出てこない。
アルチは針を動かそうとすると、ジャリジャリととってもいやな音を出している。
村中君の話だと、水に落ちた瞬間大歓声が上がったとさ。
それも「キャー!」とか「だいじょうぶかー!」とかいうのではなく、
「オオーッ!」とか「イエーイ!」とかそんなのばっか。
誰も僕の体を心配する人はいなかったみたい。
やっぱり池にはまるところを見るのが一番面白いからな。
さんざんまわりに冷やかされながら今日のジャンプ終了となる。

ちくしょう!またチャレンジしてやる!


SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO