出張ペリス日記by Yuri  

>>>【7月15日(土)】<<<

藤原邸での3日目の朝。もうこの頃になると、役割分担が
はっきりして来て、生活にもめりはりが出てくる。
疲れも出てきたようで、この日れいちゃんは少し風邪気味。
豊さんが大活躍していた。異国で日本語のお医者さんがいるって、
本当に心強いものだ。

今日はさずがに、ウィークエンドだけあって人が多い。
ベリーのチームと、フリーフライのチームが半々くらい。
飛行機の中は満席で、副操縦士席までジャンパーでいっぱい。
マニフェストもパッカーも大忙しだ。
エルシノアは、朝は湿気がないからか、涼しいのだけれど、
徐々に太陽に暖められて、1時頃からサーマルが上がって暑くなる。
2時頃から風が出始め、ダストデビルとサーマルと暑さで、
ジャンプするのさえおっくうになる。
朝たくさん飛んで、昼は休み。で、夕方また少し飛ぶのがいいみたい。

あまりに暑いので、たくさん水分をとる。
アメリカのジュースは、甘いので、苦手なのだけれど、横ぴーから、
黄色いゲータレードは甘くなくていいぞ、と教わる。
血液の代わりに、黄色いゲータレードが流れてるかも、というくらい
たくさん飲んだ。DZのスナックバーで、1本1.5ドルなり。

陳さんが月曜から仕事でエルシノアを離れ、戻って来られるかどうか、
仕事の内容によってはわからない、というので、日曜にみんなで
さよならジャンプをすることになった。
初心者にあわせて、みんなでベリーのBig wayをすることに決定。
一緒に飛んでみたことのないメンバーだし、縦落ちメンバーと初心者が
多いため、今日は予行演習で、夕方に8wayをしてみるとのこと。

れいちゃんと私は更に、予行演習の予行演習で、2wayをすることにした。
初めて、自分よりもジャンプ回数の少ない人と、イントラなしで
飛ぶことになるので、ちょっと緊張。
身長はたったの1cm違い、体重もたったの1キロ違いなのだけれど、
一応、れいちゃんの方が浮くと思われるので6ポンド、私が2ポンド
搭載して、様子をみることになった。

大見山号の助言に従い、EXITはドックして出ることにする。
マニューバーは、スター、右手でライン、スター、左手でラインの
繰り返し。みっちゃん&きゃおりんが、ナイトジャンプの時に
やっていたマニューバー。
名づけて「つないだその手を話さない」大作戦。
こんなマニューバーでも、ダートダイブをかかさない私達。
そんな私達を見て、AFFのイントラが爆笑していた。
でも、そんなのはいいのだ。こちらは本当に真剣なのだ。
私達のEXITに、「さよなら陳さんBIG WAY」の全てがかかっていると
思うと、本当に責任を感じてしまう。
更に私達のダートの真似までして、最後まで大爆笑していた、
イントラのおじさん達、笑い事じゃないのだよ。本当に。

夕方、サンセットで予行演習8wayを決行。
8名中、4名がカメラ付きという、ものすごい状況。
悪い事をしたら、最大もらさず撮影されてしまう、とおののく私達。
見事にEXITでコケてしまった。


大見山号はすかさず、横ぴーを切り離し、お団子状態の初心者2名を
力技で立て直した。すばらしい。イントラの鑑だ。

最終的に、カメラは半数以上脱落してしまった。肝心の陳さんは、
沈没してしまい、金子さんとさかさまで撮影し合っていた。
金子さんの最後の踏ん張りが、なんだかおかしい。
陳さんをバックフライで待って、近づいてくるところが、
一人じゃ淋しいよーん、遊ぼーとという感じ。
これじゃ、明日の本番が思いやられるなあ。
主役不在じゃ、絵にならないよ、陳さん。

(誰だブレイク後にスタンドアップしているのは・・・)

今日はインストラクション2本、シットでSoloが3本、
れいちゃんとベリー、陳さんの予行演習で、合計7本。
みんなで今日の分のビデオを鑑賞して、ディブリーフしてから、
思い思いのタイミングで、眠りにつくのだった。

戻る

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO