7/30/00
今日は早朝からSwooping大会があった。
午後になると風が強くなるので朝の9時から開始となった。
こういった大会を見るのは初めてだったので早起きしてみに行くことにした。
参加者は10人ほどだがみんな腕に自信ある人達ばかりだ。
優勝候補はルイージーと呼ばれている人。
彼はキャノピーのIcrusのスポンサードをうけていて、
数々のSwooping大会で優勝している人だ。
今回は76というサイズを使っているが、きのうデモンストレーションで
46という驚異的な小ささのキャノピーを使って飛んでいた。
46を使うのは世界ではじめてらしい。恐ろしい小ささだった。
Swoopingは3回の合計点で決まるが、ワイアットという人が優勝した。
ルイージーは3位か4位だった。かれはあまりにもアグレッシブにやりすぎたために
池に突っ込んでしまったのだ。
普通にやれば楽に優勝できるはずなのに常に最大の力を出そうという姿勢がすばらしい。

ルイージー。池の最初から最後まで見事にSwoopingしていた。


2回目のルイージー。ものすごい勢いでつっこんだ。


それでも止まらず再び飛びあがっていく。


時速100キロぐらいで来ているのでなかなか止まらない。


これからが痛いんだよなー。


このあとしばらく水面にたたきつけられた痛みで池から出られなかった。

僕はロードオーガナイズでビックウェイとかやりたかったのだがヒースは
スクールで忙しくなかなかできなかった。
何時間かボーッとしているとヒースがやってきてなんと2wayやらないかという。
ビックウェイやりたかったけどヒースから2WAYの申し出に即答でYes!
マニューバーはExitしてからすぐにカービング、そのあとハイファイブして、イーグル、
コンプレス(ひとりがシットしているところの側面にヘッドダウンでドックする型)、
マインドワープ、カービング。

Exit直後。ここからすぐにカービングに入る。


カービングしているところ。左がヒース。
カメラマンはいま習いたてなので画面が小さいのが残念。


コンプレス(シットとヘッドダウンがドックする)に入るところ。


ついにヒースの足裏を見れるときが・・・・

イーグルがあまりうまくいかなかったけどヒースと2wayで飛べて満足。


村中君。寝ているのではありません。エアーでの姿勢をイメージ
トレーニングしている最中です。

今日もチューブをやる機会があった。いつものように10人ぐらいいる。
今回は全員がシットでいようということになった。
僕はいつものように最後からExit。


Exit直後。ひとりがチューブぶつかっているところが面白い。
彼はカメラポジションから出たのだが、チューブをやるときは出るタイミングを
変えないとこうなってしまう。

僕がチューブの前に来たときは、けっこうみんなビローしてたり、離れてたりしている。
ヘッドダウンはみんなすごいうまいのにシットはそれほどでないみたい。
(このカメラマンもビローしている)


チューブにぶらさがるヒースとラリー。
今回もいい映像が取れた。ヒースからまたダビング頼まれた。


反対側から見たショット。

今日でサイコサーカスのイペントは終了するが、結局ヒースとは13回も
オーガナイズジャンプで一緒にジャンプさせてもらった。
なんかすごい得した気分。
ペリスではいまほとんどオーガナイズジャンプが行なわれていないため、
エルシノアとの差が際立ってきている。
いまペリスのジャンパーこちらの方に結構流れてきているのもうなずける気がする。

戻る

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO